21けんり春闘発足集会を開催!


21春闘決意表明 真島委員長

司会進行・松谷書記次長

11月27日午後6時30分より全水道会館において、21けんり春闘発足集会が開催されました。今回はコロナの状況により会場を50名に制限し、オンラインでの視聴参加を主として行われました。21けんり春闘の闘いの目標と要求として、「8時間働けば暮らせる社会を!」、「同一労働同一賃金の実現!全ての差別を撤廃せよ!」などを掲げ、職場を基軸として大幅賃上げの実現を目指すことを確認しました。また、講演では大阪労働者弁護団の在間秀和弁護士を講師にお招きし、「20条裁判・コロナ・そして労働の未来!」について講演いただきました。最後に、参加労組決意表明として民間労組を代表し、真島委員長よりコロナ禍における港湾の現状と産別労働運動の強化、21春闘勝利の決意表明を力強く行われました。

21けんり春闘発足集会資料