第16回青年対策交流会議に参加して

第16回青年対策交流会議に参加して

沖縄地方青年女性部 部長 永山盛順

 2月16日から18日まで、四国の徳島県で青年対策交流会議が開催されました。そこで三島川之江港の指定港問題の経緯、丸久分会の闘争の経緯、JALの支援要請、分散会を行いました。
 三島川之江港問題は以前から全国港湾で指定港問題がある事は聞いていましたが、ここまで詳しく聞いたことは無く、周りの貨物が流れてくる恐れがあるこの港は早く指定港として登録していかなきゃいけないと思う講和でした。
 丸久分会闘争では、まわりに例の無い位の労働環境で会社のために頑張って働いている労働者が、一度の事故で解雇されなきゃいけないのかと疑問に思う内容でした。今闘争を頑張って戦っている丸久分会、四国地本に支援を出来る事は無いかと考えさせられました。
 分散会では、「組織強化・組織拡大・組織のコミニュケーションと運営」の3つの議題で討論しました。1班での議論は3つの議題は繋がりがあるのでまとめて議論する事になりました。どの議題も何を先にするのかとか、私達の班は分会を立ち上げたばかりの方がいたので組織内部の強化から組織拡大へと繋がるのではないかと位置づけました。また拡大に対し今までのビラ配りや新しくネット(ツイッターやフェイスブック)なども活用していのも良いじゃないかという意見も出ました。自分は全港湾が好きなので少しずつでも活用できれば良いなと・・・。一人でも多くの組合員がそれを活用していけばかなりの宣伝効果が期待できる事ではないかと思いました。分散会は各地方の若年層の意見が聞けるいい機会なのでこれからも続けて欲しいです。
 最後になりましたが、交流会議の3日間を通し前段や裏方で頑張っていた四国地本の青年部の皆様大変お世話になりました。最終日に全体で確認した、2013年度・2014年度の活動方針を軸にこれからも組合活動に取り組み地元の青年部強化を目指して頑張っていきます。