第16回青年対策交流会議に参加して

第16回青年対策交流会議に参加して

四国地方新居浜支部 岡田 行弘

 2月16日から18日の3日間、徳島県で行なわれた青年対策交流会議に参加させていただきました。
 初日は、長尾委員長より三島川之江港の指定港化問題についてお話がありました。安い荷役料金で他の港湾の貨物を取り、そして正規の人数よりも少ない港湾労働者を配置、長時間労働また低賃金といった様々な問題点があるというお話を聞きました。地元愛媛県にこのような問題があってはいけない、一日でも早く指定港になるようにみんなで力を合わせて頑張っていきたいです。
 2日目は午後から組織拡大、組織強化、組織のコミュニケーションと運営という内容で分散会を行いました。現在全国の青年部の若い組合員数の減少、それと組合活動への関心の低さを知りました。このままでは5年、10年先がわからないなどといった話も出ました。ぼくらの班では組織拡大ではビラ配りをしたりインターネット、フェイスブックなどを使いアピールする。組織強化では若い組合員にも交流会などに参加してもらったり支部で学習会などをする。といった話で決まりました。
 今回、初めて青年対策交流会議に参加させてもらい色々な事を学び勉強する事ができました。ありがとうございました。

第16回青年対策交流会議に参加して

四国地方香川県支部 佐野 純也

 第16回青年対策交流会議が平成25年2月16日から18日まで徳島で、開催されました。16日は、四国地本の長尾委員長に三島川之江港指定港問題の講演と北野静雄さんに丸久闘争について講演していただきました。三島川之江港では、非指定港をいいことに港湾労働者を低賃金で雇い、労災隠しの強要などをさせる、まさに人権を無視した働かせ方をしている事を知りショックを受けました。少しずつは、前進しているようですが、一刻も早く指定港になるようにして欲しいと思いました。
 丸久闘争の会社側は、本人の過失ばかりを責めてくるが、長時間労働をさせたりして心身ともに疲れて集中力の低下を引き起こしたと思います。
 17日は、河村洋二さんにユニオン分会の実態と労働相談の実際の講演と中央本部の松本書記長に地方港の実情の講演と昼からは、分散会がありました。
 ユニオン分会の取り組みと労働相談では、解雇、残業不払い、セクハラ、パワハラなどで悩んでいる人がうつ病になるほど悩み相談に来る人が年々増加していると聞き労働条件が厳しくなっている事がわかった。
 地方港の実情では、現在の経済不況により地方港は、一段と厳しくなってきた現状を感じました。分散会では、組織拡大と組織強化と組織のコミュニケーションと運営の議題で話し合いました。組織拡大では、一人でも多くの人に知ってもらうためにビラやティッシュなどを配ったりインターネットなどを使って宣伝したらいいのではないかと言う意見がでました。組織強化では、組合員同士の繋がりが大事という意見が出ました。組織のコミュニケーションと運営では、ボウリング大会や飲み会などを開いて組合員同士の交流などをしたらよいのではないかという意見がでました。
 18日は、鈴木圭子さんにJAL不当解雇撤回闘争報告・支援要請闘争団原告の講演をしていただきました。JAL不当解雇撤回闘争報告では、不当解雇をしたのにもかかわらず会社側は、人が足りないという理由で新規採用を採るが組合員だった元社員は、採らないという差別をする事はおかしいと思った。今回、青年対策交流会議に、参加して新規採用者や女性などがもっと参加しやすい組合づくりができればいいと思いました。

第16回青年対策交流会議に参加して

四国地本松山支部 石田 慎太郎

 2013年2月16日から2月18日までの3日間、徳島県で開催された全国青年対策交流会議に参加させていただきました。
 2月16日は四国地本長尾委員長から三島・川之江港指定港問題についてお話ししていただきました。続いてユニオンセンターの北野さんを講師に迎え丸久闘争について講義をしていただきました。自分たちの身近で起こっている重要な問題を全国の青年部の仲間に知ってもらう事が出来たのでよかったです。
 2日目は講師の河村さんからユニオン分会の実態と労働相談についてのお話しをしていただきました。続いて中央本部松本書記長から地方港の実情についてお話ししていただきました。今までの闘争のお話しを聞かせてもらい闘う労働組合の大切さを感じました。
 午後からは各班に分かれて分散会を行いました。組織拡大、組織強化など難しい議題でしたが各地本のみなさんと色々なお話しをさせてもらい、議題についてだけでなく各地本での問題や活動内容も知る事が出来てとても勉強になりました。
 今回初めて青年対策交流会議に参加させていただきましたが、全国の仲間との交流を深める事が出来て有意義な3日間を過ごす事が出来ました。今後も同世代の仲間達との交流を大切にし自分のスキルアップに繋げていきたいと思います。参加させていただきありがとうございました。

第16回青年対策交流会議に参加して

四国地本松山支部 住田 良人

2013年2月16日から18日に地元、四国の徳島県で開催された第16回青年対策交流会議のほうに参加してきました。全国から青年部員68名、中央本部より伊藤委員長、鈴木中執、小柳中執の3名の方々が参加してくれました。
 初日は四国地本の長尾委員長に三島川之江港の指定港問題について話してもらいました。
今回、学習している中で指定港の変遷(歴史)について学び一港としてあった港が何港かまとめられて減っていたという事や、昭和50年8月10日を最後にそれ以降は指定港の追加がない事を知る事ができました。三島川之江港のことは地元の問題として何回も聞いていたのですが、指定港化されていないために隣接港への影響が出ている事を改めて知り少しでも早くこの問題は解決すべきだと思いました。
 次にユニオンセンターの北野静雄さんを講師に招き、丸久闘争についての経過報告の聞かせていただきました。今回、北野さんのお話を聞いて丸久と言う会社が丸久分会の奥村組合員にどれだけ無茶苦茶な労働をさせていたのか具体的に知り、そしてその話しを聞いていると自分の事のように憤りを感じ、このような事をしている丸久と言う会社を許してはいけないと思いました。
 初日はこの2つの課題で勉強会のほうは終了し、夕食懇親会にて全国の青年部のみんなと親交を深めました。
 2日目はユニオンセンターの河村洋二さんを講師にユニオン分会の実態について聞かせていただきました。ユニオン分会については四国以外の青年部のみんなも興味を持って聞いていてくれたと感じました。そして、次に中央本部の松本書記長に地方港の実情について教えてもらいました。その話しの中で六代港と地方港の組織の実態やとりまく環境、全港湾としての産別の意義、規制緩和、新規参入に対する戦い、地方港と組織拡大について今まで以上に少しは理解できました。
 午後からは7班に別れて組織拡大、組織強化、組織のコミュニケーションと運営の三つを議題に青年部で分散会を行いました。
 最終日はJALの闘争団原告、鈴木圭子さんの闘争報告を聞かせていただきその後、前日の分散会で議論した内容の各班のまとめの発表を行いました。
各班のまとめを聞いていて思ったのはやはり同世代の青年部だから同じように考えているんだと感じました。組織拡大、組織強化については全班がインターネットを利用して新しい事に挑戦していきながら今までの事も継続していくべきだと言う内容でした。組織のコミュニケーションについてはやはりどの班も積極的に交流の場に参加し、上の人間との繋がりを大事にすると言う内容でした。自分もやはり同じようにそう感じました。今回、地元開催と言うのもあってとても緊張し疲れました。しかし、それ以上に充実し、いろんな事を学べた3日間だったと思います。
 今回、学んだ事を支部の仲間に伝え今まで以上に全国の青年部のみんなと協力して頑張って行きたいと思います。全国の青年部のみなさま3日間、本当にお疲れ様でした。