第16回青年対策交流会議に参加して

第16回青年対策交流会議に参加して

九州地方苅田支部 松本 大輔

 2月16・17・18日に第16回青年対策交流会議が四国の徳島で開催され、九州地方から関門支部の矢野さんと苅田支部の私が参加しました。今回で2回目の参加だったので少しリラツクス出来たところもあったのですが、いざ会場に入ると7割くらいが初対面で少し緊張しました。今回の青年対策交流会議3日間に亘り、講義や数班に分かれての議題についての話し合いなどを行ないました。
 初日は、座長(四国地方青年部長)の伊達さんの挨拶で始まりました。次の伊藤委員長の挨拶の中で「今、団交をしているのは全国で約6割、残りの4割は労使協議会で労働条件を決めるところが多い。今の日本の労働組合は闘わない。闘える労働組合を作っていかなければならない」という話があり、確かに私たちの生活を守るためにも闘える労働組合を作っていかなければと感じました。
 二日目は、ユニオンセンターの河村洋二さんによる講演があり、次に松本書記長による講義、地方港における全港湾の闘いがありました。午後からは、7班に分かれての分散会で3つの議題(組織拡大・強化・コミュニケーションと運営)について討論しました。その中で今、若い人たちの組合離れが問題に上がり、各支部の青年部の実態を話し、どうすれば若い人たちの組合離れを無くすことができるかを話し合いました。組織拡大、強化については1つの考えで青年部が団結していけばおのずと組織拡大、強化に繋がっていくという考えになりました。
 三日目は、JAL不当解雇撤回闘争原告団の鈴木圭子さんによる闘争報告があり、組合潰しの不当解雇で闘っていることを聞き、青年部としてもできる限り協力、支援していきたいと思いました。
 その後、班ごとに報告があり、インターネットやフェイスブック、ツイッターなども取り入れてアピールしていき、レクリエーションなども行い、若い人たちとの団結を深めていこうと思いました。