第1回中央港湾団交開催、要求書提出

全国港湾・柏木委員長、コロナ禍においても日々作業する港湾労働者への誠意ある回答を求める

 

第1回中央港湾団交が2月17日、都内にて開催された。新型コロナウイルス・首都圏緊急事態宣言下の影響を受け、感染防止対策を徹底し、全国港湾は常任執行委員会及び各地区港湾代表者1名の出席と人数を制限し、労使合わせて50名余規模での開催となった。

 

中央港湾団交では組合側より冒頭、柏木委員長より要求書を提出するとともに、コロナ禍での作業に従事している組合員のためにも、誠意ある回答を願う旨、発言があった。

 

次に玉田書記長より、本日、中央港湾団交に参加できなかった幹部役員にも要求の趣旨が分かるようにと、要求趣旨説明の内容についても予め文章化したものを労使に配布した。

 

要求趣旨説明では、特に、1.港湾労使が共同し取り組むべき課題2点として、①労使共同による認可料金制度復活及び適正料金収受のための取り組み、➁石炭火力発電「非効率」施設の削減政策に対し、地球環境保全・温暖化防止は世界的・人類的課題として異議を唱えないが、一方では、事業継続、雇用・職域など港湾事業者・港湾労働者にとっての大問題であることを確認し、具体的取り組みを推進すること。2.新型コロナに対する産別休業制度の創設と輸出入の根幹である水際・港湾で働く港湾労働者のワクチンの優先接種など、要求書6項目に関わる趣旨説明を行い、最後に、「コロナ禍だから仕方がない」ではなく、「コロナ禍だからこそ必要な手当はすべてやる。現場の苦労に応えていく」、そうした決意での21春闘要求であることを強調した。

 

そして、趣旨説明の後、次回、第2回中央港湾団交の開催を3月9日13時30分予定とした。ただし、この日程についても、新型コロナウイルスの状況によってはリモート対応など変更がありうることを合わせて確認し、開催規模も含めて事務局間調整に一任するとした。

 

 

なお、組合員の皆さんは、第1回中央団交経過詳細については、全国港湾発文書を確認願いたい。