第2回中央港湾団交、具体的な回答なし

次回交渉の回答次第では重大な決意!
第2回中央港湾団交が3月6日に開催され、要求書についての回答を受けた。しかし、具体的な回答はほとんどなかった。
そのため組合側より「これでは全く回答になっておらず話にならない。事前協議違反の問題についても解決を図るため、船社の対応に時間が必要だから『ストを延期』したはず。それが全く進展なしでは話にならない。産別最賃の回答にしても、公正取引委員会の報告書の中にもはっきりと違反にはあたらないと書いてある。なぜ回答できないのか?回答できないとすれば重大な決断をせざるを得ない」と迫った。
次回、第3回中央港湾団交は3月20日に開催されることとなった。
faxn1808


2019年3月号(第1344)

「港湾労働」1344号
第1回中央港湾団交開催、要求書提出
 事前協議違反で厳重抗議。産別最賃の回答求める
日港協、事前協議の厳格運用を約束
 28日に構えたストライキは延期
2019年度産別労働条件及び産別協定の改定に関する要求書(概要抜粋)
東日本大震災・福島原発事故から8年
 フクシマ連帯キャラバン事前学習会に参加して
博多支部旗開き餅つき交流会
2019年3月号(第1344)