活動最新ニュース
さようなら原発全国集会、フクシマ連帯キャラバン

命を守るため、自分の家族・友達にしっかり伝えていこう
3月14日から21日の日程で「2019フクシマ連帯キャラバン(第6回目)」を実施した。キャラバン隊は14日に東京を出発、福島、新潟、茨城、東京と各地で脱原発を呼びかけ、最終日の21日、東京・代々木公園に到着した。全港湾からは19名、全体で41名が参加した。
3月21日には東京・代々木公園内において「さようなら原発全国集会」が開催され、全港湾からは110名、集会全体では1万人以上が参加した。
集会ではフクシマ連帯キャラバン隊も登壇し、団長を務めた全港湾の武田氏が「原発は人間をダメにするものだと思う。核と人間は絶対に共存できないと思う。私たちの命を守るために、自分の家族、友達にしっかりと伝えてほしい。脱原発社会に向けて声をあげていこう」と呼びかけた。