労働政策審議会港湾労働専門委員会

港湾労働専門委員会のコーナーをつくります。この専門委員会は、正式名称を「労働政策審議会職業安定分科会雇用対策基本問題部会港湾労働専門委員会」といい、厚生労働省の審議会の下部機関です。労働省時代の中央職業安定審議会港湾労働部会が移行したものです。
 港湾労働専門委員会は、港湾労働に関する専門的事項を調査することになっており、港湾労働者派遣事業の許可申請に関する審査、港湾雇用安定等計画の策定、港湾労働法の適正な運営などについて審議することになっています。
 2003年10月は改正港湾労働法が施行されて3年に当たり制度の見直しを行なうことになっています。また、現在の港湾雇用安定等計画が2004年3月末で期限となるため、新たな計画を策定する作業を行なっています。地方港の規制緩和と同様に重要な意味を持ちますので、情報提供のためにホームページ上に新たなコーナーを設けました。

2003/9/17

港湾労働専門委員会の議事録は厚生労働省のホームページに掲載されることになっていますので、掲載されるようになったらリンクするようにします。


目次

港湾雇用安定等計画(案) 2004年3月
港湾労働専門委員会報告書 2003年12月4日
港湾雇用安定等計画(案) 2003年12月3日
12/3 労政審港湾労働専門委員会の経過について  2003年12月4日
港湾労働法の見直し議論はじまる 2003年9月12日