(2)働く者の労働条件・生活を守るため、産別協定を守りましょう!