労働弁護団、ブラック企業特区を許さない

労働弁護団主催集会、ブラック企業特区を許さない
 
産業競争力強化法案が10月15日に閣議決定され安倍政権の成長戦略路線の具体化がいよいよ本格化しようとしている。この動きに対して日本労働弁護団は、安倍政権が国家戦略特区としておこなおうとしている解雇自由化・派遣の完全自由化の動きは「そもそも憲法に違反する、何としても阻止しなければならない」、国家戦略特区は「ブラック企業特区」だとして、『労働者派遣の規制緩和に反対する集会』を都内で開催、『安倍政権の雇用破壊に反対する決議』を採択した。

労働者派遣の規制緩和に反対する集会 安倍政権の雇用破壊に反対する決議