第14回青年対策交流会議に参加して

沖縄地方青年女性部部長 永山盛順

平和活動は沖縄だけじゃない!!
今回の青年対策交流会議での平和学習!ここ数年では行われなかった全国規模の平和学習会でした。
平和祈念公園での3コースでは、「加害者の立場で平和を考える」始めは何を言っているのかよく解らなかったのですが、日本兵が南京・朝鮮で行ってきた資料や写真を見て、日本兵に憎悪または、怖さを感じ涙が出ていました。
原爆被災者の下平さんは、自分自身の思い出すのが嫌な過去を若い世代に伝える事で原爆を無くして欲しいとの気持ちが心の底まで伝わってきました。
また、青年たちの「微力だけど無力じゃない」の言葉は、これからの運動を続けて行くためにとても良い言葉だと思いました。
今までは、地元だけの平和運動にしか参加していませんでしたが、これからは各地方の平和運動にも参加して行けるような取り組みを地本青年女性部で行って行きたいと思います。