第14回青年対策交流会議に参加して

四国地方 伊達健太

 2011年2月26日~28日に長崎県佐世保市において第14回青年対策交流会議が開催されました。全国から、総勢55名が参加し、四国地方から私と新居浜支部の高橋副部長の2名で参加しました。
 一日目は、開会式の後ビデオ鑑賞をしました。私は、過激でいつ怪我をしてもおかしくない状況化でも自分たちの信念を曲げずに立ち向かっていく姿に感動しました。
 2日目は、佐世保から長崎へ移動し長崎原爆被爆者体験談を聞き、その後、高校生平和大使の活動報告を聞きました。私は、反核・反戦の思いをこめ1万人署名活動をしていることを知って、少しでも協力するために署名に参加しようと思いました。その後、三班に別れ、長崎原爆資料館・遺構見学をしました。私は、原爆のすさまじい威力に驚き、二度と使わせないためにできる限り頑張ろうと思いました。
 3日目は、佐世保港を視察しました。私は、周りに軍艦や軍事物資に囲まれて仕事をしている仲間がいることを知り驚きました。
 3日間を通して原爆の脅威を知り、二度と戦争のない世界にするためにさまざまな人々が努力していることを実感しました。私も、少しでも力になれるようにこれからの組合活動に頑張っていこうと思いました。