香港で賃上げ幅インフレ率を下回らない約束

香港のメディア「星島日報」は、3月19日、香港国際コンテナ埠頭有限公司(HIT)が、委託労働者の賃上げ幅について昨年のインフレ率を下回らないようにすると約束したと報道した。「星島日報」によると、工聯會(中国系)所属の貨櫃運輸業職工総會は、賃上げ幅12%および安全手当て年6000元を、毎月分割して500元以上支払うことを求めており、職工盟(HKCTU)所属の香港碼頭業職工會は14%以上および賃金団体交渉を求めているという。