田子の浦支部青年部、夏まつり

夏まつり、笑顔が成功を物語る

 全国の港湾労働者の皆さん毎日お仕事ご苦労様です。我々田子の浦支部は八月二十三日(日)に支部定期大会を行いました。組合員の熱い討議を終え、熱気覚めやらぬまま、定期大会の終了にあわせて、組合員と家族の交流する場として、青年部が主催となり、青年部としては三回目、自分が部長になってから初めての活動となる、夏祭りを行いました。
 日ごろ暑い中、港湾労働に従事している仲間とその家族、子供が集まり、二〇〇九年の夏の出会い、又思い出の一つとして残せるような、夏祭りになればという思いで開催しました。出店は、焼きそば、焼き鳥等、また、子供が楽しめるようにとヨーヨーすくい、クワガタ抽選会など多数のイベントを企画し盛り上がりを図りました。中でも子供対象のお菓子投げや祭りのメインイベントの大抽選会では、一等の全国共通商品券一万円分を争いみんな楽しみながらも自分が当てるんだと火花を散らしていました。
 出店では、多少の赤字覚悟の料金で組合員に提供しました。予想をはるかに越える売れ行きで、少しの赤字で済んだのは予想外でした。何よりも組合員、家族、子供達のたくさんの笑顔が今回の夏祭りの成功を物語っていたと思います。この夏祭りを行うにあたり青年部運営委員会で二ケ月前より計画を練りはじめ、一ケ月前には若手青年部員にも協力してもらいながら準備してきました。たくさんの苦労がありましたが、終わったときの達成感、充実感をみんなで味わえたことで田子の浦支部青年部が又一つ大きく、そして今以上に団結力が強まった事を実感しました。今後もこのようなレクリエーション活動等を行い今以上に田子の浦支部青年部を盛り上げていきたい上思います。