全国港湾秋の中央行政交渉

 11月21日、22日、全国港湾秋の中央行動が開催され、総勢88名が参加した。21日には中央行政交渉をおこない、国交省、厚労省、経産省、消防庁、外船協、日本貿易会に対し申し入れをおこない、交渉をおこなった。22日には衆議院第2議員会館内にて院内集会を開催、立憲民主党、日本共産党、社会民主党、自由党、沖縄の風の参加を得、有意義な一時となった。


交運労協結成30年、改革・連携・協働

持続可能な交通運輸産業の構築をめざす
交運労協は、10月11日、リーガロイヤルホテル東京において、第33回定期総会を開催した。交運労協住野議長の開会あいさつを受けた後、連合の神津会長、ITFのスティーブ・コットン書記長、社民党の又市幹事長、交運労協政策推進議員懇談会の福山議員、厚労省の本多総合政策評価審議官、国交省の金子総合政策局交通計画課長より来賓あいさつを受けた。その後、討議の後、活動報告案・活動方針案・決算案・予算案と全ての議案を可決、総会宣言を採択し総会を終えた。役員改選では、住野議長(私鉄総連)が再任され、全港湾選出の松本副議長、真島幹事、松谷事務局次長もそれぞれ再任された。また、今年は交運労協が結成されてから30周年目の記念の年にあたることから、総会終了後、30周年記念レセプションが盛大に開催された。
交運労協第33回総会宣言


さようなら原発・さようなら戦争全国集会

怒りを示そう!命と暮らしは私たちのもの

9月18日、東京・代々木公園において、さようなら原発一千万署名市民の会主催による「さようなら原発、さようなら戦争全国集会」が開催され、9500名が結集した。全港湾からは81名が参加した。集会では落合恵子氏、鎌田慧氏、福山真劫氏などから次々と発言を受けたが、沖縄平和運動センターの山城博治議長からの「戦争はしない、させない、そして戦場にはさせない。命と暮らしは私たちのもの。正義に向かうのに私たちが萎縮することなどない。黙っていたらさらに酷いことになる。怒りを示し声をあげていこう」との呼びかけに会場は大歓声に包まれていた。


全国港湾第10回定期全国大会開催

9月13日、14日、シーパレスにおいて全国港湾第10回定期大会が開催された。大会にはオブザーバーを含めて280名が出席、全港湾からは54名が出席した。来賓には港運同盟、ITF東京事務所、全労済が出席、大会議長団は橋崎代議員(全港湾)と秋谷代議員(検定労連)が務めた。議題については討議の結果、満場一致で可決、運動方針を確立した。
また、役員改選については、4役では沖原副委員長(検数労連)が退任となり、新たに瀬戸副委員長(検数労連)が選出された。糸谷委員長(日港労連)、松本副委員長(全港湾)、柏木副委員長(日港労連)、遠藤副委員長(検定労連)、玉田書記長(全国港湾)、市川書記次長(検定労連)については引き続き再任された。中執では西牟田中執(全倉運)、岩崎中執(全倉運)、金月中執(全日通)が退任となり、柳野中執(全倉運)、瀬川中執(全倉運)、高野中執(全日通)が選出された。
全国港湾第10回定期大会 大会宣言
また、大会においてフェリー基金についての意見が出され、全港湾関西地方本部からフェリー基金についてのニュース・学習資料が配付された。
全港湾関西地本 フェリー基金特集
全国港湾フェリー闘争ビラ抜粋(1994年時)


阪神支部書記局ニュース特集号

このほど、労働政策審議会において、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱が示された。しかし、その内容は、いわゆる残業代ゼロを含む、労働者にとって極めて重要な問題を含んだものであり、到底容認できるものではない。
全港湾関西地方阪神支部は、働き方改革がもたらす問題点を整理した特集ニュースを発行し、警告を鳴らしている。

阪神支部書記局ニュース特集号
20170903 阪神支部書記局ニュース特集号 安倍働き方改革の中身毒饅頭

働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000176894.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
また、全国港湾定期大会を前に、関西地方本部より、フェリー基金特集ニュースが発行された。学習資料等に活用していただきたい。
全港湾関西地本 フェリー基金特集
全国港湾フェリー闘争ビラ抜粋(1994年時)


全港湾第88回定期全国大会開催

労働運動を強化し、日本を良くして行こう!

全日本港湾労働組合の第88回定期全国大会を、9月6日、7日の2日間、シーパレスにて開催した。全国から大会代議員87名、中央本部役員20名、傍聴者を含め232名が出席、議長団は吉田一夫代議員(東北)、法土豊行代議員(日本海)が務めた。執行部を代表して松本中央執行委員長があいさつし、続いて、全国港湾労働組合連合会糸谷中央執行委員長から来賓のあいさつを受けた。議案については、本部案を支持する立場からの発言が相継ぎ、討議の後、全ての議案を可決した。そして、大会宣言を採択し、松本委員長の団結がんばろうで締めくくった。役員については中間年大会のため変更はない。
全港湾第88回定期大会 大会宣言


夏季一時金闘争、前年増で概ね終結

回答額平均 456、102円(+1、624円)
妥結額平均 459、116円(  +484円)

夏季一時金闘争が概ね終結した。東北地方など交渉が続いている地方もあるが、大会議案書等の準備の関係上、7月13日の中央執行委員会をもって最終集計とした。
7月13日現在、闘争分会326分会中256分会(81%)に有額回答が示され、闘争分会の回答額平均は456、102円(1.62ヶ月)となった。昨年同時期の454、478円と比べると1、624円上回った。回答を受けた分会のうち254分会(96%)が妥結しており、妥結額平均は459、116円となった。妥結額でも昨年実績を484円上回る結果となった。交渉が続いている分会もあることから、集計を続ければ今後回答額平均は更に上がることも予想されるが、集計上は13日をもって区切りとした。
faxn1702


共謀罪強行採決に抗議

共謀罪強行採決に抗議

6月15日、参議院本会議において共謀罪法案の裁決が強行された。委員会採決を省略するなど前代未聞の強引な手法に批判の声が相継いでいる。全港湾は、6月16日、共謀罪強行採決に抗議し廃止を求める緊急集会を全国統一で開催した。

 
また、全国港湾労働組合連合会は6月19日の役員会において共謀罪廃止を求める決議を採択した。
全国港湾 共謀罪法の廃止を求める決議